【開催報告】6月11日:認活アドバイザー初級講座/検定藤沢編

13445492_10154338551548395_8259630438932797092_n

さる6月11日、藤沢で認活アドバイザー初級講座/検定が実施されました。

会場の第一相澤ビルは、藤沢駅南口ロータリーの歩道橋を渡ってすぐという好ロケーションに立地。

講座は朝の10時から開始し、「認活とは」「認知症の基礎知識」「認活と食」「認活と運動」「脳とこころのフィットネス」「認活ライフスタイルについて」の計6コマ行われ、最後に検定試験が行われました。

受講された皆さんの表情は真剣そのものでしたが、途中に行われるワークでは笑い声や感嘆の声が絶えませんでした。特に「認活弁当」(社会福祉法人 光友会さま、ありがとうございました!)と特製「認活ドリンク」でいただいた昼食の時間は、「認活と食」の授業の直後だったこともあり、咀嚼の回数や塩分の話をされながら和気あいあいと進み、終始和やかな雰囲気の中で一日のプログラムが終了しました。

DSC_8536

「丸一日のプログラムでしたが充実した内容だったので、退屈しているヒマはなかったですね」とは、ウェブマーケティングの会社を経営する50代の男性。

参加された方は年齢も性別も職業も様々。

「私が運営するNPOの高齢者の方に認活アドバイザー検定を受けるとお話をしたところ、『私たちのためにしっかりと勉強してきてね』と言われたので、絶対に合格しないといけないんです(笑)」(コミュニティーオーガナイザー、50代女性)

「最近同居している義父に認知症の症状が出始めているので、勉強したいと思ってきました」(自営業、40代男性)

「健康に興味があって独学で色々やっているのですが、きちんと学んでみたいと思って受講しました」(主婦、60代)

「出張のパソコン教室を経営しているのですが、高齢者の生徒さんが増えてきているので彼らの関心が高い認活にはとても興味がありました」(自営業、50代女性)

「40〜50代の女性を対象に化粧品を販売しているので、食や運動、生活についてお話をするのですが、これからはさらに一歩進んだ認活ライフスタイルをお伝えしていきたいと思います」(会社員、30代女性)

検定終了後も受講者の皆さまから多くの質問を頂く活気あふれる素晴らしい会となりました。

これからも少しでも多くの方に認活をご理解いただき、皆様のプライベートに仕事に認活を生かして頂けるようがんばっていきたいと思いますので、皆さんも奮ってご受講ください。

次回は18日(土)茅ヶ崎のハマミーナまなびぷらざにて、そして7月8日(金)は藤沢駅近の第一相澤ビル、7月30日(土)は茅ヶ崎駅ビルのラスカホールにて開催いたします。お申し込みはこちらから。そしてご質問がある方はお気軽にこちらからお問合せください。