講演報告:マインドフルネスについて@埼玉精神神経センター

マインドフルネスについてMili代表荻野淳也

今日は社会福祉法人 シナプス埼玉精神神経センターにお招きいただき、一般社団法人 認活アドバイザー協会による3回の認活(=認知症予防活動)に関する講座の第1回目が開催されました。

今回は日本におけるマインドフルネス界の第一人者、一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティチュート代表理事 荻野淳也さんと、当協会理事 鶴賀太郎が、「ストレス対策で認知症予防 話題のマインドフルネスとは」ということで、認知症とストレスケアについてお話し、脳科学でも実証されているマインドフルネスの効果を皆さんにも実感していただきました。

 

埼玉精神神経センター マインドフル案内

大反響があり、すでに何度か再放送されている「NHKスペシャル シリーズ キラーストレス」でもマインドフルネスが紹介されたので、もしかしたら“マインドフルネス”という言葉をご存知の方も増えていらっしゃるかも知れませんが(つい最近では雑誌AneCanでも特集があったようですね)、医療法人という少しご年齢が上の方が集まる場所だったので、マインドフルネスについてご存知かどうか、どれだけの方が集まってくださるか、正直とてもドキドキしていました。でもいつもの会場をいっぱいにするほどの参加者の方々にお集まりいただきとてもうれしかったです。

ちなみに講演の最初に、今日はどのようなキーワードが気になってお集まりくださいましたか、という質問をしたところ、①認知症予防 ②ストレスケア ③マインドフルネス、という順で、やはり皆さまの認活(=認知症予防活動)に対する関心の高さが感じられました。

今日お越しくださった皆さまは、私たちが当初想像していたよりも少し年齢層が上の方が多かったのですが、皆さまとても熱心にメモを取りながら聞いてくださり、質問もいろいろと出て積極的に学んでいただけたようで、企画させていただいた私たちとしても大変うれしく、熱心に聞いてくださった皆さまに本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

次回の埼玉精神神経センターでの講演は、11月12日(土)14時から15時半で、まさに「キラーストレス」の他にも「NHKスペシャル シリーズ認知症革命 第1回 ついにわかった!予防への道」を作られた、NHK科学・環境番組部チーフ・ディレクターの青柳由則さんをお迎えして、「世界を取材したNHKディレクターが語る 世界の認知症予防事情と実践」というテーマでお話いただきます。

皆さまどうぞ、お運びくださいませ。